読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔の乾燥肌を、この化粧水で7分で改善した方法

顔の乾燥肌を、ある化粧水を使って7分で改善した方法

日焼け止めの、SPF値とPA値をおさらい

美肌対策には、日焼け止めが欠かせません。
パッケージに書いてある、「SPF50」とか、「PA+++」とかの意味をご存知ですか?

 

数値が大きい方が、効果がありそうだからと、なんとなく選んでいませんか?

 

SPF値は、紫外線B波をカットする能力を表します。
B波をうけると、肌が赤くなってしまいます(いわゆる、サンバーン)。SPF値は、サンバーンを起こすまでの時間をどれぐらい引き伸ばせるか、表しています。
当然、数値が高いほうが強力なのですが、肌への負担も高くなります。
ちょっとしたお出かけには、20や30を、一日中、外にいる場合は、50などと使い分けて肌への負担を和らげましょう。

 

PA値は、A波をカットします。
A波をうけると、真皮に到着して老化を促進します。
こちらも、SPF値と同じで強力なものは、肌へのダメージも高くなってしまいます。

 

通勤、通学時などの、日に当たる時間が短い場合は、弱めの日焼け止めで対処するなどの工夫をして、美肌になりましょう。